エンドロール|感動の披露宴には絶対必要!

結婚式はエンドロールで感動のフィナーレ!取り入れるべき5つの理由

結婚式と披露宴を締めくくるエンドロール。あってもなくてもどっちでもいいもの??いえ、あった方が良いものです!エンドロールがあると、いい式だった、来てよかった!そうゲストに思っていただくことができますよ!

普段言えない感謝の言葉をストレートに
エンドロールで伝えよう!

結婚式や披露宴は、参加する方も大変ですよね。当日は半日予定を空け、事前に着るものを決めて吊るしてシワをとって、女性なら朝から美容院でヘアセットや着付けをしたり、ドレスを新調される場合も。遠方から来てくださる方も多いですし、ご祝儀だってけして安くはありません。
そこまでして下さるゲストの方に、きちんとお礼を伝えるのが大人のマナーです。しかし、結婚式・披露宴の当日は新郎新婦はとても忙しく、ひとりひとりとゆっくり話をする時間がありません。
だからエンドロールがあるといいのです!

ひとりひとりに心からの感謝を伝えられる

エンドロールでは、全員に向けた感謝の言葉だけでなく、たくさんのメッセージを入れることができます。
お名前に続いて個別にメッセージがあれば、ゲストの方も嬉しいですよね。

感動を呼ぶメッセージは、ちゃんと個人にあてて書いたことが伝わるもの。
「今日は来てくれてありがとう!これからもよろしく!」
こういうのはゲストの誰にでも言える言葉なので、特別感がありません。
共通の思い出、具体的な固有名詞が入っていると、俄然オリジナル感が出ます。
例えばこんな感じです!

高橋大輔様
中学三年間はほぼ話さなかったね(笑)
卒業後に親友になれるなんて思わなかった!本当に感謝!

渡辺恵美様
えみちゃんの作る肉じゃがは本当に最高
学生時代は差し入れ何度もありがとう

船橋英二様
美人で仕事ができる憧れの大先輩!
部は離れたけれどこれからもよろしくお願いします

阪本雄大様
合宿のシゴキを耐え抜いた仲間です
これからも青春していくぞー

一人一人にメッセージを書くのが難しい場合は、「会社の先輩、仲間たちへ」「ギター教室の先生とみんなへ」「大事な友達へ」「○○家のみなさんへ」などグループ化してそれぞれにまとめたメッセージを入れてもかまいません。
特にメッセージを書きづらいのは直接は関わりが薄いご親戚でしょう。
その場合、身内とそれ以外に紹介順序をわけて、外部のゲストには個別メッセージ、親族一同にはまとめたメッセージにするという方法もあります。

感動のフィナーレとして締めくくることができる

披露宴にはたくさんの見所があります。
入場、スピーチ、ケーキ入刀、キャンドルサービス、余興、中座の退場、お色直し後の再入場、手紙や花束…。かなり盛りだくさんです。
途中が盛り上がれば盛り上がるほど、最後がしょんぼりしていると尻すぼみな感じになります。華やかに締めくくるなら、退場後まで気を抜かずに!
エンドロールは、ゲストひとりひとり、両親へ、ストレートに感謝を伝えるよい機会。普段はなかなか言えない言葉も、エンドロールでなら恥ずかしくありません。
二次会をする場合でも、ゲスト全員が参加するわけではありませんし、遠方から来た親族などはすぐに帰路につく方も多いです。披露宴中にここできちんとお礼を伝えておかないと、次にお会いできるのは少し先になってしまいます。
感動のエンドロールがあれば、ゲストも感動の余韻にひたりながら会場を出ることができます。

プロフィールムービーで使えなかったゲストの写真を盛り込める

エンドロールでは、ゲストの写真をたくさん使うことができます。プロフィールムービーは新郎新婦のおいたちやなれそめを中心としたものなので、あまりゲスト写真は入れられません。周りに頼んで集めたゲストの写真も、ほとんどがお蔵入りになってしまうというケースが多いのです。せっかくの写真ですから、使わないのはもったいないですよね!
友人や会社関係なら、旅行、合宿、学校行事、会社行事などの思い出の写真がたくさんあるでしょう。お名前とともにそれらの懐かしい写真が並べられていると、ゲストも楽しんで見ることができます。やっぱり、自分が出てくると誰でも嬉しいものです。また、古い家族写真もとてもおすすめ。
両親の結婚式の時の写真、叔父さん、叔母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの若い頃の写真は、親戚一同盛り上がりますよ!

エンドロールは最後までおもてなしの心を伝わるもの

エンドロールは昔はなかったものなので、あってもなくてもどっちでもよいといえばよいです。なくてもちゃんとした披露宴になります。ただ、最後まで楽しんでもらいたい、感謝の心を伝えたい、感動して欲しいと思うなら、使えるものは使わない手はありません!文字がスクロールするだけでなく、写真が散りばめられたものなら、あとで自分たちが見返しても楽しめる作品になります。結婚記念日のたびに見返している、というご夫婦もいるくらいです。ぜひ取り入れて見てください!

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

お問い合わせ : 11:00~19:00(月~金/年末年始を除く) /  03-6902-1717

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る