プロフィールムービー|面白い笑えるものにしよう!

プロフィールムービーが笑える・おもしろいのはアリ?ナシ?

二人のことを知っていただくためのプロフィールムービーですが、どうせならゲストに楽しんでもらえるものにしたいですね。コミカルに面白いものでも、感動で締めるプロフィールムービーなら失敗がありません。

笑いがあるから、
そのあとの感動が引き立つ!

ゲストに喜んでもらえるプロフィールムービーを作りたいなら、少しコミカルなテイストにしてみましょう!ちょっとカジュアルすぎるかな?と心配になるかもしれませんが、ずっとラブラブ感動ばかりでは見ている方も疲れてしまいます。少しコミカルにすることで、楽しんで見ていただけるでしょう。先に笑いがあると、披露宴クライマックスの感動シーンがより引き立つという効果もあります!

笑えるプロフィールムービーは会場をあたためる!

プロフィールムービーは、お色直しの中座の時に流されることが多いです。
主役が退席すると、どうしても場が冷めてしまうんですよね。
写真を撮る相手もいないですし、ゲストだけで飲んでいるわけですから、ちょっと休憩ムードになります。
トイレや喫煙所に行きたいゲストもいるでしょうから、休憩がいけないわけではないのですが、思いっきり温度が下がってしまうと、再入場する時に何となく入りづらいものなんです。

つなぎのプロフィールビデオで笑いに包まれれば、会場に一体感が生まれます。あたたまった空気になってから再入場すると、注目度アップ。お色直しもした甲斐があるというものです。

最後は感動で締めると、親戚ゲストも納得の仕上り

コミカルなプロフィールムービーで、親戚がひいてしまうのでは?と心配されるかもしれませんが、最後をちゃんと締めれば大丈夫。途中が面白ムービーでも、エンディングに感謝の気持ちが伝わるように作れば、後味の良いものとなります。

最初から最後までおふざけに徹するプロフィールムービーは、相手を選ぶので注意しましょう。本来、結婚式は粛々と行う儀式。披露宴は宴席ですが、忘年会や新年会とは違います。式に続くものですし品位が求められます。
披露宴には会社の上司、親戚、恩師など年代も立場も違うゲストが沢山いらっしゃいますから、全員に配慮のあるものにしたいですね。自分たちがどんなに面白くても、他の年代の方に通じなくては意味がありません。

過去の恋愛、下ネタ、元ネタ不明のパロディはNG!

面白いプロフィールムービーは、会場に笑いと暖かい空気を作るとても良いものです。ただし、ネタに走る場合もゲストへの配慮を欠かさないようにしましょう。
絶対にNGなのが、過去の恋愛や下ネタを織り込むこと。
プロフィールムービーの中で、「数々の女性遍歴に終止符を打ち、ついに彼女と出会いました〜」とか「元彼に捨てられて傷心の時に◯◯君に出会って一目惚れ(笑)」などやってはいけません…。
ご両親に大恥をかかせることになり、親戚一同から大顰蹙ということもありえますよ!

元ネタがわからないようなパロディも避けましょう。
『サザエさん』や『アルプスの少女ハイジ』なら全年代的に知名度が高そうですが、『新世紀エヴァンゲリオン』『進撃の巨人』『ワンピース』あたりになるとどうでしょう?おばあちゃんやおじいちゃんに理解してもらえるか、かなり怪しいですよね。
アニメのパロディを使ったプロフィールムービーもアリですが、あくまでもさじ加減が大事ということです。

ツボさえ押さえれば、面白いプロフィールムービーは大いにアリ!

プロフィールムービーで笑いを生むと、会場が一気になごやかな雰囲気になります。思いっきり笑ってもらい、アットホームな披露宴を作りましょう。締めるところは締める、ゲストみんなに心を配るというポイントさえ押さえておけば、思い出に残り全員に楽しんでもらえるムービーができますよ!

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

お問い合わせ : 11:00~19:00(月~金/年末年始を除く) /  03-6902-1717

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る