プロフィールムービーを結婚式で上映する5つのメリット

結婚式でプロフィールムービーを上映することで得られるメリット5

結婚披露宴で流すプロフィールムービーはお色直しのための場繫ぎですが、再入場をもっと盛り上げる効果があるんです。プロフィールムービーは、みんなを笑顔にできる最高の演出。5つのメリットをご紹介します。

プロフィールムービーは自己満足ではなく、「おもてなし」なのです!

結婚式のプロフィールムービーは、気恥ずかしいし手前味噌でどうも…と躊躇される方もいますよね。二人のベタベタ・ラブラブ写真だけが散りばめられた映像だったら、ゲストもひいてしまう恐れがあります。しかし、プロフィールビデオの本当の目的はおもてなし。コツを抑えたビデオなら、感謝が伝わり会場がほっこり。一体感が出ます。

1 ゲスト同士を仲良くさせる効果がある!

多くの場合、結婚式の招待客の構成は、親族、上司や恩師など目上の方、同級生などの友達。昔から家族ぐるみで付き合っている友人の他は、お付き合いがリンクしない方がほとんどですね。ましてや新郎側と新婦側のゲストでは、名前も聞いたことがないという方も多いでしょう。
披露宴は立食パーティーと違って席が固定されるのが一般的ですから、最初から最後まで知らない人は知らないままで終わってしまうのが常です。
せっかく二人の友人知人という共通項を持って集まった方々なのに、それでは何だか寂しいですし、いまいち一体感がありません。
そこで役に立つのがプロフィールムービー。

両親だけでなく、結婚式に来ていただいている全員が二人の今を作ってくれた大切な方々です。プロフィールムービーでおいたちを追っていくと、ゲストが沢山登場するのは当然のことかもしれません。
一人ひとりへのコメントと同時に出席者の紹介をすると、誰がどんな人なのか、どんな関係なのかわかって他人感が薄れます。
披露宴からフレンドリーな雰囲気なので、二次会も盛り上がりますよ!

2 二人の背景がわかれば、より感情移入できる!

結婚式に招かれたものの、実は新郎新婦のことをそれほど知らない人もいます。

何年も会っていなかった叔父さん叔母さんは、新郎新婦の社会人になってからの交友関係や趣味の話はご存じないかもしれません。
会社の上司は職場での様子しか知りませんから、小さい頃や学生時代のエピソードには興味があるのではないでしょうか。
ご両親だって、子どものすべての時代を知っているわけではないでしょう。
社会人になってからの交友関係や、周りの方のコメントを聞くと、意外な一面に驚かれるかもしれません。
特に、親元を離れて暮らしている場合はそうですよね。

だから、二人の人となりを伝えるプロフィールムービーはとても親切なんです!
二人の性格、これまで頑張ってきたこと、出会いから結婚までのストーリーを知っていただくことで、二人の結婚により感情移入できること間違いなし。
感動の結婚式、披露宴にすることができます。

3 ゲストを飽きさせない。一人で来てるゲストも孤独にさせない!

結婚式、披露宴のゲストの人数は、平均60名と言われています。
できるだけ両家の招待人数を合わせるようにするカップルが多いので、新郎か新婦どちらか片方で30名のお客様となります。
構成は、親族10名、友人10名、上司、同僚、恩師などのその他10名が一般的だそうです。

つまり、各々10名枠と考えると意外と少なく、誰を招待するかが難しいところ。
できるだけ招待客の中に友人知己がいるように配慮してお招きしたいところですが、どうしても一人で参加する方が出てしまうこともあります。

よほど社交的な方でもなければ、知らない60人の中で一人ぽっちの二時間は、やっぱり手持ち無沙汰なもの。
周りの方に事前に紹介する時間もないので、いきなり披露宴スタートになってしまいます。
新郎新婦は披露宴の間は大忙しなので、ひとことふたこと挨拶する程度にしか時間がとれません。

だから、ゲスト紹介も兼ねられるプロフィールムービーはとっても便利。
同じテーブルの方と親しくなっていただくきっかけになり、個人個人への思いやりも伝わりますよ!

4 プロフィールビデオでゲストいじりを!会場の一体感が出る!

「いい結婚式」とはどんな結婚式でしょう?
新郎新婦さんには色々なこだわりがあるかもしれませんが、どんなに会場や料理や衣装に凝ったとしても、実はそれってあまり招かれた側の記憶には残りません。
過去にご自身が参加した結婚式を思い出してみて下さい。ウエディングドレスがどんなデザインだったか、料理に何が出たかなんて、おそらく思い出せないことでしょう。

それよりも、新郎がカチンコチンに緊張していたこと、陽気な親戚のオジサンがいたこと、花嫁の父がずーっと泣いてたこと、上司のスピーチが面白かったことなどの方が記憶に残っているのではないでしょうか。
あたたかいムードに包まれて笑いの絶えない結婚式が、後々まで「いい式だったね」と言われるものなんです。

お決まりの流れを座って見ているだけでは、参加している感じが薄く、どこか他人ごとで終わってしまいます。そこで、プロフィールムービーでのゲストいじりです!
「あ、私が出てる!」という驚きは単純に嬉しいもの。
「おばあちゃん、この時若いなー!」なんて、話題の提供にもなるかもしれませんね。
ご両親の結婚式の記念写真を入れるのもおすすめです。親族の方は懐かしさに思いを馳せることでしょう。

気の置けない友人だったら、「○○さんは恋人募集中です!」「○○さん今日は飲み過ぎないでね!」くらいのおふさげもOK。
笑いは会場の温度を一気に上げ、一体感を生み出しますよ!

5 お遊びだけでなく感動も。両親への感謝が伝わる

ゼクシィのアンケートによると、結婚式でお色直しをする方は76%。お色直しをしない場合でも、主役が出ずっぱりということはなく、ほとんどの方がある程度まとまった時間をとって途中退場するようです。
プロフィールムービーを流すタイミングは、その時です。

中座中は一旦会場がクールダウンしますが、再入場の時に再び温かく迎えてもらうために会場を暖めましょう!
お色直しを境に披露宴は後半に入ります。両親への手紙、花束贈呈など、結婚式クライマックスの感動シーンが待っています。
中座の時に流すプロフィールムービーで、感動への序章とすることもできます。
笑っていただくだけでなく、両親への感謝のメッセージも入れて感動で締めると、後半の披露宴にうまくつながっていきます。

プロフィールムービーで、一体感を作りましょう!

いかがでしょう?プロフィールムービーは二人の人となりだけではなく、ゲストの紹介、両親への感謝も伝えることができます。会場をあたため一体感を生み出すのに、最高のツールなんですよ!おもてなしの心で、素敵なムービーを作ってみて下さい。後で見返した時にも素敵な作品になりますよ!

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

お問い合わせ : 11:00~19:00(月~金/年末年始を除く) /  03-6902-1717

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る