参列できないゲストも出演!思い出に残る結婚式オープニングムービー

参列できないゲストも出演!思い出に残る結婚式オープニングムービー

結婚式にはどうしても体調や遠方が理由で、参列してほしいゲストが来られないことがあります。

しかしそんなときは、オープニングムービーをうまく活用して、盛り上げられる内容にすることができます。

オープニングムービーで参列できないゲストを出演

結婚式に参列できない方に事前にお願いをしてメッセージをもらうというものです。
参列できないゲストもきっと結婚式に参加したかったはずです。
そこで、お祝いメッセージや思い出について語ってもらう動画を撮影します。
オープニングムービーに出演してもらうことで、ゲストも参列者も楽しむことができます。

オープニングムービーに出演するのが恥ずかしいという方も、あなたが心からお願いをすればきっと答えてくれるはずです。当日に間に合うように余裕を持って撮影しましょう。

オープニングムービーの例:祖父母の方メッセージ

結婚式で参列できないゲストとして、祖父母の方が参列できないことはよくあります。
年齢を重ねた方にとって、長時間の式は負担になりますし、遠方での式となればなおさらです。
しかし、祖父母の方もきっと式には参加されたいはずですから、オープニングムービー で出演してもらいましょう。

祖父母の方に出演してもらう際は、カメラを直接向けず、目線を外した状態の撮影がオススメです。お年寄りの方はカメラにあまりなれていませんから、お話をしている状態をさりげなく横から撮影するとスムーズにできます。
また早口になりがちなので、質問相手となる方はできるだけゆっくり喋るように意識しましょう。容になります。

オープニングムービーの例:可愛がっているペットも出演

大好きなペットは家族同然。 しかしいくら家族といえども、結婚式にペットの参列が難しく悩んでいる新郎新婦も多いでしょう。

そんなときこそオープニングムービーがおすすめです。
ペットは新郎新婦のことを誰よりもよく知っている存在です。その点を生かしてペットからのメッセージ動画を流すと会場も盛り上がることでしょう。

オープニングムービーの例:多くの友達からメッセージをもらう

親族だけの結婚式を行う方には、友達全員からメッセージをもらう動画がおすすめです。

会社の仲間や学生時代に仲が良かった友達にたくさん出演してもらい、それぞれからちょっとしたエピソードを話してもらうものです。
親族は、新郎新婦の普段の顔を知りませんから、動画で伝えることができます。

しかし友達全員の動画を撮りに行くのは、時間と費用がかかってしまいますから、友人にスマホで自撮りしてもらった動画をもらう方法がおすすめです。

できるだけ多くの友達から短い時間のコメントをたくさん繋げると濃い内容に仕上がります。

オープニングムービーは新郎新婦を紹介するのが目的

ここまでは式に参加できない方に出演してもらう動画案について話してきました。
オープニングムービー では、いかに新郎新婦の人物像をわかりやすく伝えるかが重要となります。ゲスト出演は、第三者の目線としてお二人のことを語ってくれるため参列者にとても伝わりやすくなります。
さらに、出演してくださった方にとっても良い思い出となるはずですから積極的に声をかけて出演してもらいましょう。

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る