オープニングムービーを準備しているときに起こるトラブルエピソード

オープニングムービーを準備しているときに
起こるトラブルエピソード

結婚式の準備は大変とはいえ楽しいものです。しかし、あらゆる場面に凝りたくなるあまり様々なことで大変な思いをしたという方がいます。

中でも結婚式で流すオープニングムービーは、満足のいくものを作りたいという新郎新婦が多くトラブルになりやすいのも事実。

ここでは、結婚式の準備で忙しい中、オープニングムービーを作った時に起こりやすいトラブルエピソードを紹介します。事前にチェックをして準備にお役立てください。

プロに依頼をしたがイメージと違うケース

オープニングムービーは動画のプロである制作会社に依頼する方法があります。プロに依頼する最大のメリットは、希望を伝えれば映画やテレビドラマのような映像が出来上がることです。

たくさんのテンプレートから好みのものを選ぶケースや完全オリジナルで作るケースなど様々。できるだけ予算を抑えたいという方は、テンプレートから選ぶと良いです。この時おきるのが、準備段階でイメージを伝えきれないことで想像と違うムービーができてしまうことです。

出来上がった後に制作し直す際は、追加料金がかかるケースもありますから注意が必要。

打ち合わせの際二人が違うイメージで伝えても、制作側にはきちんと伝わりませんから、新郎新婦の間でイメージを具体的にしておきましょう。

凝りすぎて期限ギリギリにオープニングムービーを提出

会場の雰囲気を彩る最初の映像としてオープニングムービーはこだわりたいポイントがたくさんあるものです。

しかし凝りすぎてしまったことで制作に時間がかかり、仕上がりがギリギリになってしまうことがあります。
オープニングムービー は当日用意すればよいと考えがちですが、一般的にある程度余裕をもってオープニングムービー を式場へ提出します。

それは新郎新婦の入場のタイミングと動画のタイミングを確認する必要があるからです。
この打ち合わせを十分にしないと、当日オープニングムービーが流れても新郎新婦の入場がスムーズにいかず、せっかくの演出が残念な結果になります。

当日トラブルにならないためにも、提出日については必ず事前確認するようにしましょう。

名前が間違っていた

記念に残る結婚式にするためにプロに依頼をして作ったオープニングブービーですが、映像内の「名前が間違っていた」というトラブルも実際にあります。

依頼する側からすると、「プロが制作するものだから完璧なものが出来上がる」と思いがちですが、テレビでも誤字脱字があるようにオープニングムービー でも起こるケースがあります。

名前の間違いがないようにするには、基本的なことですが最終チェックを怠らないことです。
新郎新婦の名前はもちろん、参列者の名前を出す際は特に入念にチェックが必要です。
せっかくの結婚式が台無しにならないよう何度も確認をしましょう。

誰のためのオープニングムービーなのかわからなくなる

オープニングムービーを構成する上で、新郎新婦それぞれの時間配分も注意しましょう。
どちらか一方の時間の割合が長くなり、全体を通して見たら誰のためのムービーなのかわからなくなるケースがあります。
一般的なムービーの構成は、
・新郎新婦の名前紹介
・二人のイメージを伝える
・参列者の紹介
が多く、偏りがちなのは参列者の紹介時です。
それぞれの参列者人数に差があったとしても、同じ時間にすることで偏りを感じることのない仕上がりになります。
結婚式の主役はどちらか一方ではありません。時間配分を意識して思い出に残るオープニングムービーを作成しましょう。

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

お問い合わせ : 11:00~19:00(月~金/年末年始を除く) /  03-6902-1717

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る