結婚式のオープニングムービーで使う写真選びのポイントとは

結婚式のオープニングムービーで使う写真選びのポイントとは

結婚式のオープニングムービーは、自分たちの写真を多く使用します。

しかし昔から最近までの写真を集めていると、どれを使ったらいいのかわからなくならないでしょうか?

そんな方に写真選びのポイントを紹介します。ポイントがわかると意外に簡単なのでぜひ参考にしてください。

結婚式のオープニングムービーの役割をしっかり把握して写真選びをしよう

そもそもオープニングムービーの写真選びをするときには、守るべきポイントがあります。それをしっかり把握すると写真選びに困らなくなるでしょう。

そのポイントとは、オープニングムービーの役割を知ることです。ではその役割とは、いったいどのようなことなのでしょうか?

これから行う結婚式を紹介する動画がオープニングムービー

オープニングムービーというのは、結婚式が始まる前に流す動画になります。

つまりオープニングムービーを見ることでどんな結婚式が行われるのか、二人はどんな人物なのかを把握できるものになります。

ということは新郎や新婦がどのような人物かができるだけわかる写真を選ぶことで、式に参加した方にお互いのことを伝え流ことができます。

では、具体的にどのような写真が適切なのかを説明していきます。

結婚式で使うオープニングムービーの写真の選び方はこれ!

オープニングムービーに使用する写真は、どのような人物なのかを伝えられる写真を選ぶことがポイントになります。

さらに、どのような雰囲気の結婚式にしたいかによっても、写真の内容を変えていく必要があります。

面白い構成にしたいなら表情豊かな写真を選ぶ

結婚式を笑いの多い場にしたいのなら、「赤ちゃんの頃の写真」や「変な顔を全力でしている写真」、学生の頃の「体育祭で全力で走っている写真」などはいかがでしょうか。大人になる前の表情豊かな写真が会場に笑いを提供するはずです。

しかし両家の親族や会社関係者がいることも考えるとやりすぎは禁物です。おふざけが過ぎないようバランスよく写真選びをしましょう。

簡単にすませたいなら結婚式の準備中の写真でも可

もし写真選びに時間がかかっているのなら、結婚式の準備中の姿を撮影した写真をオープニングムービーに使用するのも手です。

結婚式の準備は何かとやることが多く、その際のエピソードは思い出に残るシーンが意外にあるものです。オープニングムービー
をどのような内容にしようか考えている姿もシーンの一つとして加えることで、参列者に思いを伝える動画になるはずです。

余興をする友人を写真で紹介する

結婚式には新郎新婦の友人が余興をするシーンを多く見ます。その際は、オープニングムービーで余興をする友人を紹介するのもおすすめです。
事前に紹介をしておくことで、その後の余興も全員が知っている状態で行えるため通常よりも会場が盛り上がるからです。
その際、友人には紹介動画を入れていることを伝えないことがポイントです。
紹介された友人にとっては、サプライズな演出となりきっと喜んでくれることでしょう。

オープニングムービーの写真が決まったら確認すべきポイント

ある程度写真選びが決まってきたら、全体構成の確認が必要です。動画制作は意外に時間がかかるものなので、結婚式直前に変更ということがないようにしたいものです。

スムーズに写真選びを進めるには

写真選びを始めると、懐かしさから思いの外時間がかかってしまうものです。
できるだけ無駄な時間を避けるためにも、写真選びをする前には構成を整えておくことがスムーズに進めるポイントにもなります。
箇条書きでも良いので、あなたが伝えたいことを構成に落とし込んで写真を選ぶことをおすすめします。
できるだけ画像解像度は良いものを意識して思い出に残るムービーを作ってください。

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

お問い合わせ : 11:00~19:00(月~金/年末年始を除く) /  03-6902-1717

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る