結婚式のオープニングムービーをプロに依頼するメリットとは

結婚式のオープニングムービーをプロに依頼するメリットとは

結婚式にプロフィールムービーを取り入れる方は以前に比べて増加しています。
最近ではiPhoneでもきれいな動画が撮影でき、無料の動画作成ソフトでも簡単に編集ができるので自分の好きなオープニングムービーを作ろうと思う方が多いようです。

しかしオープニングムービーを作成するのは意外に面倒なこともあるため、実際はプロに任せるのがおすすめです。

ここでは結婚式のオープニングムービーを自作したときの、よくある失敗を紹介します。

会場の決め事に注意する

式場は多くの結婚式が行われるため、使用に関する注意事項がたくさんあります。しかし結婚式の準備は忙しいため、これらがすべて頭に入っている人は少ないでしょう。

そのため守るべきことを見落としたことにより問題になったケースもあります。
例えば音量。ちょうど良い音量で作ったつもりが、当日大音量で再生され会場が冷たい空気になってしまったなんてことがないように注意が必要です。

著作権を無視してオープニングムービーを作ってしまう

意外と知られていないのが著作権です。
オープニングムービーは、たくさんの参列者が目にすることになります。そのため著作権の問題が絡んでくるのをご存じでしょうか?

著作権とは制作者や作詞・作曲者に発生する権利のことで、音楽やキャラクターなどがその対象になります。

式場とオープニングムービーの相談をしていれば、著作権に関する注意ができますが、自作となると見落としがちです。
使用する曲など式場としっかり相談することが必要です。

オープニングムービーの入ったDVDが指定通りに作られていない

オープニングムービーは、プロジェクターで再生をします。式場のプロジェクターは、自宅で使うものと違い画面の比率が異なることがあります。

例えばパソコンなどで使われている画面設定は16:9なのですが、式場のプロジェクターは大型のため4:3にする必要があります。

それを知らずに動画を作ると、せっかくの動画が再生できないものになってしまいます。

プロに頼むと安心!そのメリットとは?

親族だけの結婚式を行う方には、友達全員からメッセージをもらう動画がおすすめです。

これまでご紹介してきた注意事項を意識しながらオープニングムービーを作るのは面倒!という方は、オープニングムービーを作るプロに頼むことをおすすめします。

あなたが伝えたいことや、ざっくりとした構想を伝えるだけでと、理想通り、いやそれ以上のオープニングムービーが出来上がります。

プロは著作権に関しても製作会社側がすでに許可をもらっているものを使うので安心です。
また画像の比率はもちろん、遠くからもよく見える文字の大きさ調整なども、すべて設定してくれます。
理想のイメージを伝えるだけで、あなた好みのオープニングムービーが完成するのです。

複雑な動画も作成可能!

自身でープニングムービーを作ろうと思ったものの、「動画を作った経験が少ない」「そもそも操作方法がわからない」というようなことがリギリギになって思ったとおりのオープニングムービーが完成しないということもあります。
もちろん初心者なら簡単な動画でも意外に手間がかかってしまうことは当然のことではあるのですが、結婚式場の締切りに間に合わないケースもあるので、素人の方はできるだけプロに任せることをおすすめします。
動画制作のプロの経験と知識で、他にはない盛り上がるオープニングムービーを作ってもらえます。
さらに詳しく動画演出について知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。
結婚式の演出は動画を使おう|動画ならではのメリットを解説

ゲストをとにかく盛り上げたいと思ってる新郎新婦の味方です。
▲ページ上部に戻る

お問い合わせ : 11:00~19:00(月~金/年末年始を除く) /  03-6902-1717

SETでお得!

ご注文はWEBから承ります カートを見る